厚揚げのカロリー

厚揚げ
カロリー
150kcal  
※100gあたり

厚揚げ は揚げ豆腐の一種です。
とはいえ、揚げているのは表面だけで、中は豆腐の軟らかな状態を保ったままのことから『生揚げ』と呼ばれることもあります。

普通の豆腐よりもカロリーが高い厚揚げですが、実はダイエット向きの食材と言われています。
噛みごたえ充分で、噛む回数が自然と増えることで、満腹中枢が刺激されて食欲が抑えられます。
また、ボリューム感がある厚揚げは、ご飯やパンなどといった主食の代わりにもなる便利な食品なんです。

スポンサードリンク

厚揚げ を使った料理のカロリーは?

厚揚げ焼き

厚揚げ焼き

カロリー
171kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
171kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

厚揚げをシンプルに焼いたときのカロリーです。
グリルの焼き網にのせて両面を5~6分焼くと、皮がパリッとします。
おろし生姜や刻みネギ、青のりなどのたっぷりの薬味とともにいただきましょう。 大根おろしでも、さっぱりと食べられますよ。

※味付けによってカロリーに違いがあります。
厚揚げの煮物

厚揚げの煮物

カロリー
250kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
250kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

厚揚げをたっぷりのだし汁で煮込んだときのカロリーです。
厚揚げは味がよく染み込むので、煮物にも適しています。
青菜やしめじのほか、ナスなども一緒に煮込むと美味しいかもしれません。
アク取りも落としぶたもいらないので、とても簡単に手早く作ることができます。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
厚揚げの和風ハンバーグ

厚揚げの和風ハンバーグ

カロリー
280kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
280kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

厚揚げを使った和風ハンバーグのカロリーです。
普通の豆腐をハンバーグの材料として使うこともよくありますが、厚揚げを使っても美味しく仕上がります。
厚揚げのほか、鶏ひき肉と細ネギ、梅じゃこわかめを使います。
カロリー控えめでヘルシーなハンバーグの味の決め手は、梅じゃこわかめ!
これは入れれば、あとは特に味付けは必要ないでしょう。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。

著者プロフィール

キャノライン
キャノライン
恋愛テクを勉強している女性ライターです。恋愛のテクニックや性別によるアプローチの違いを日々研究してます。10年後には恋愛マスターになってやる、絶対に。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
カロリー のカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着