ブロッコリーのカロリー

ブロッコリーのカロリー
カロリー
33kcal  
※100gあたり

ブロッコリーは、緑黄色野菜の代表格としても有名な野菜。

多くの栄養素が含まれていて、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEのほか、鉄分、食物繊維も豊富です。
妊娠中の母体に必要な葉酸も含まれています。

調べてみると血中コレステロールを下げてくれるクロロフィル、紫外線から目を守るルテインや、各内臓のがん予防ができるイソチオシアナート、抗酸化作用を持つミネラルのセレンも含まれていて、1つで色々な効果を期待できる野菜だということがわかります。

一つ注意点は、ブロッコリーなどの野菜の栄養素は、茹でてしまうと水に溶け出てしまうこと。
カレーやシチューなどゆで汁も使えるメニューを取り入れることで、余すところなく栄養素を体内に取り入れることができます。

スポンサードリンク

ブロッコリーを使った料理のカロリーは?

シチュー

シチュー

カロリー
478kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
478kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

ブロッコリーをはじめ、野菜をたっぷり食べられるシチューのカロリーです。
ブロッコリーは茎の部分も細かく切って使うことができ、人参、しめじなど、他の野菜も入れて食べることができます。

ブロッコリーは茹でて食べることが一般的ですが、そうすると茹で汁に栄養素が溶け出てしまいます。
そこで、茹で汁も活用できるメニューにして調理できるといいですね。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
茹でブロッコリー

茹でブロッコリー

カロリー
103kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
103kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

ブロッコリーを茹でたときのカロリーです。
100g分食べても33kcalのブロッコリーは、茹でてマヨネーズをつけてそのまま食べても、わずか100kcalとヘルシーです。

ごはんを食べると200kcalくらいにはなりますから、ダイエットをするなら、ごはんを1/2の量にして、ブロッコリーを食べる置き換えにするのもいいかもしれません。

マヨネーズは10gで70kcalなので、代わりにノンオイルドレッシングなどを使うと、もう少しカロリーセーブができます。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
ラタトゥイユ

ラタトゥイユ

カロリー
113kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
113kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

トマト味のスープ、ラタトゥイユのカロリーです。
パプリカ、人参、じゃがいものほか、アレンジでコーンなどを加えます。
塩、こしょう、コンソメで味をつけて、温かい具沢山スープとしてはもちろん、冷たいスープとしても美味しく食べることができます。

ブロッコリーをはじめとした野菜のうまみがしっかり染み出た料理です。
具沢山のスープは腹もちもいいので、朝食としてもいいですよね。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。

著者プロフィール

キャノライン
キャノライン
恋愛テクを勉強している女性ライターです。恋愛のテクニックや性別によるアプローチの違いを日々研究してます。10年後には恋愛マスターになってやる、絶対に。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
カロリー のカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着