キャビアのカロリー

キャビア
カロリー
262kcal 
※100gあたり

キャビア はトリュフ、フォアグラと並び、世界三大珍味とされています。
とても高級な食材で、一般的にはチョウザメの卵を「キャビア」と言います。
チョウザメの生息域がカスピ海やその周りの海となっていることから、ロシア産かイラン産のものがほとんど。

キャビアには美容と健康にいいビタミン類が豊富に含まれていますが、その他にコレステロールも比較的多く含まれていることを忘れてはいけません。
コレステロールは体に必要なものですか、摂り過ぎはよくありません。
また、カロリーも高めですし、塩漬けのものは塩分も多いため、食べ過ぎに充分気をつけましょう。

料理に使うときも、味のアクセント程度に加える場合がほとんどです。

スポンサードリンク

キャビアを使った料理のカロリーは?

キャビア 添え

サーモンときゅうりのカナッペ~キャビア添え

カロリー
71kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
71kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

スモークサーモンときゅうり、そしてキャビアを使ったカナッペのカロリーです。
キャビアがのったカナッペは、パーティーメニューなどに登場しますね。
サーモンやきゅうり以外にも、レタスや薄く切った鶏のささみなどをのせても美味しいでしょう。
味の薄い食材を選ぶと、キャビアの塩気が引き立ちますよ。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
キャビア のせ

クラッカーのキャビアのせ

カロリー
60kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
60kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

ソーダクラッカーにキャビアをのせたときのカロリーです。
とてもシンプルなメニューですが、おつまみなどに適しています。
画像のキャビアの量はかなり多めなので、ほんの少しの量をのせて楽しみましょう。
少量でもキャビアを充分に堪能できるはずです。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
キャビア のパスタ

からすみとキャビアのパスタ

カロリー
422kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
422kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

キャビアとからすみを使ったパスタのカロリーです。
からすみもキャビア同様、塩気が強めの食材なので、カロリーはもちろん、塩分の摂り過ぎにも注意したいメニューと言えるでしょう。
ですが、お洒落な感じがしますし、たまに味わうならいいですね。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。

著者プロフィール

キャノライン
キャノライン
恋愛テクを勉強している女性ライターです。恋愛のテクニックや性別によるアプローチの違いを日々研究してます。10年後には恋愛マスターになってやる、絶対に。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
カロリー のカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着