いんげん豆のカロリー

いんげん豆
カロリー
333kcal(乾燥)143kcal(茹で) 
※100gあたり

いんげん豆 の原産地は、中南米と言われています。
いんげん豆は熟した種子を食べるもので、いくつかの種類がありますが、市場に出回っている中での主流は金時豆です。
低脂肪・高たんぱくな食材のため、ダイエット食として人気があります。

スポンサードリンク

いんげん豆 を使った料理のカロリーは?

カニと豆のサラダ

カニと豆のサラダ

カロリー
170kcal 
2人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
170kcal 2人分の場合
0kcal
2200kcal

カニの身といんげん豆を使ったときのカロリーです。
カニは缶詰、またはカニカマ、いんげん豆もミックスビーンズなどでも構いません。
冷やして食べると、より一層美味しいです。
サラダだと思って安心してカニの身を多めに入れると、カロリーも高くなってしまうので気をつけましょう。
あくまでも、『野菜多め』がポイントです。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
野菜スープ

野菜スープ

カロリー
90kcal 
5~6人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
90kcal 5~6人分の場合
0kcal
2200kcal

白いんげん豆と玉ねぎや人参などの野菜を使ったときのカロリーです。
野菜そのものの味を生かすため、味付けは塩だけにしましょう。
五臓六腑にまで染み渡る、体にやさしい野菜スープです。
ポトフ風に野菜を少し大きめに切ると噛み応えが出るので、少ない量でも満腹感が得られます。
野菜のうまみがたっぷり詰まったヘルシーなスープを召し上がれ!

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
ミネストローネ

ミネストローネ

カロリー
260kcal 
2人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
260kcal 2人分の場合
0kcal
2200kcal

赤いんげん豆の水煮と、人参やジャガイモ、ベーコンなどを使ったときのカロリーです。
ミネストローネも野菜をたっぷり入れるので、ダイエットにお勧めですよ。
体内に溜まった悪いものを排出してくれる、デトックススープとしても知られていますね。
体の芯から温まるミネストローネは、寒い季節にもぴったり!
ミックスハーブを入れると、香り豊かに仕上がります。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。

著者プロフィール

ダカビー
ダカビー
女性の可愛いから綺麗になるまでのお手伝い!可愛いアイメイクや日ごろのスキンケア方法、ダイエットについてもお手伝いします。ダイエットができたら意中のあの人へ告白しちゃおう!恋愛についても協力サポートします♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
カロリー のカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着