納豆のカロリー

納豆
カロリー
200kcal  
※100gあたり

納豆 は、大豆が原料の加工食品です。
作り方は、大豆を洗い、蒸し、温かいうちに納豆 菌を付着させてつくります。
一部の地域では、糸引き納豆 、ねば納豆 とも呼ばれています。

100gあたりは200kcal。カロリーの低さはもちろんですが、血栓溶解をすすめるナットウキナーゼが配合されている点も注目されています。
納豆 菌も配合され、腸内の「菌活」もできる食品。便秘解消として取り入れている人もいます。

日本古来の発酵食品は、和食にも合いやすく、醤油やたまごをかけてそのまま食べられる利便性も人気です。

スポンサードリンク

納豆 を使った料理のカロリーは?

納豆 とわかめ和え

納豆 とわかめ和え

カロリー
55kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
55kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

納豆 と水で戻したわかめを和えるだけのレシピは、家にあるものだけで作ることができるのがメリットです。
みょうがを斜め切りにして、ぽん酢で味つけ。
味つけは納豆 のタレを使ってもいいでしょう。
さっぱりとした小鉢は、箸休めとしても食べられます。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
納豆 卵ごはん

納豆 卵ごはん

カロリー
280kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
280kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

卵かけごはんに納豆 を加えたレシピは、納豆 が好きな人はやったことがあるのではないでしょうか。
納豆 のタレはもちろん、ぽん酢、だし醤油などにアレンジも可能。
ここにちりめんじゃこ、キムチ、野沢菜などをトッピングして食べることもできます。
休日の簡単な朝食、昼食にもなります。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
納豆 入りのぶっかけうどん

納豆 入りのぶっかけうどん

カロリー
550kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
550kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

納豆 をぶっかけうどんにトッピングするのもおいしいです。
茹でた豚肉のほか、みょうがのみじん切りやねぎ、ゆでたまごも加えて。
夏は冷たい麺で、冬はあたたかい麺で食べるとよりおいしさを感じられます。
納豆 は、ねばねば素材のヤマイモやオクラとも相性がよく、ラー油などのピリ辛味の調味料で味を変えながら食べることもできます。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。

著者プロフィール

キャノライン
キャノライン
恋愛テクを勉強している女性ライターです。恋愛のテクニックや性別によるアプローチの違いを日々研究してます。10年後には恋愛マスターになってやる、絶対に。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
カロリー のカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着