美容室でヘアトリートメントする時のメリットデメリット

ヘアトリートメント

シャンプーのあとに洗い流すトリートメント


ドライヤーの前に洗い流さないトリートメント


色々なトリートメントを使いますよね。


自分でするトリートメントと、美容室でのトリートメント。


どう違うのでしょうか。


スポンサードリンク
トリートメント

シャンプーの後に髪の毛につけるものとして、リンス、コンディショナー、トリートメントがあります。



この違いって何?



リンスとコンディショナーは、髪の毛の表面をコーティングするものです。


手触りがツルツルになり、髪の毛をまとめてくれます。


トリートメントは、成分を髪の毛の内部まで浸透させて、ダメージケアをします。


トリートメント=治療という意味があります。



じゃあダメージヘアにはトリートメント?



確かにその通りなのですが、一度傷んだ髪の毛が元に戻る事はありません。


健康な髪の毛を取り戻すには、傷みのひどい部分をカットするしかありません


トリートメントの働きは、あくまでも



ケア=お手入れ



であり、一時的なものと考えた方がよさそうです。


美容室でトリートメント する

トリートメントをしても髪の毛が蘇るわけではない・・・・



だったら美容室でトリートメントする意味はある?



そう思われるかもしれませんね。


まず、美容室でのトリートメントは、自分のヘアダメージに合わせたトリートメントをしてくれるというメリットがあります。


ごわつく、毛先だけが傷んでいる、全体的にツヤがないなど、人それぞれです。


美容室の場合、個々に合わせて使用するトリートメントを決めてくれます。


カラーリングやパーマでのヘアダメージもケアしてくれますし、仕上がりがやはりプロですから、輝きのある髪の毛を手に入れることができます。


美容室でトリートメントをした経験のある人なら分かるように、髪の毛が



ツルッツルの艶っ艶になります。


美容室でトリートメント

美容室でトリートメントをする場合のデメリットは、なんといってもお金がかかるということでしょう。


美容室によって金額に差がありますが、数千円単位でお金がかかります。


自分でしっかりとトリートメントでヘアケアできるのであれば自宅で・・・という人もいるでしょう。


決してそれは間違いではないのです。



実際に美容室でトリートメントをしました。



バースデー特典で無料です。



これが施術前


美容室でトリートメント 前

毛先が広がってパサついています。


そして施術後


美容室でトリートメント 後

髪の毛全体にまとまりが出ました。


要以上にツヤが出ていないところが自然だと思いませんか?


よく美容室の広告にあるように、わざとらしいくらいのツヤはいりません。


人毛ではないようなテカリが出ているトリートメント後の画像などを目にすることがありますが、このくらいがわざとらしくなくていいですよね。


ちなみに・・・


美容室でトリートメントをするのは



バースデー特典があるときだけ!



ご・・・ごめんなさい。


トリートメント のタイミング

美容室でトリートメントをする場合、パーマとセットにしたり、カラーリングとセットでお願いしていませんか?


できればカット&トリートメントのセットがおススメです。


トリートメントは髪の毛の内部にまで成分を浸透させて表面をコートします。


パーマやカラーリングも、髪の毛の内部にまで薬剤を浸透させるものです。


どちらも内部にまで浸透させるものですよね。


パーマやカラーリングの後にトリートメントをすると、薬剤を髪の毛の内部に閉じ込めてしまうことになるのです。


ですから、施術後はツルッツルの艶っ艶でも、それを保てることはなく、時間がたつと前よりも髪の毛がバサバサで艶がない……なんてことになりかねません。


ですから、美容室でトリートメントをするのは、カット&トリートメントがおススメなのです。


パーマやカラーリングの後のトリートメントは必要ではありますが、高い料金を支払ってするよりも、自分でケアした方がいいのではないでしょうか。


美容室でのトリートメントは月に1度

トリートメント の頻度

自宅で毎日トリートメントをしても、やはり髪の毛の傷みは気になるもの。


自分は若気の至りで一時期金髪にしていたことがありました。


髪の毛は傷みまくってバサバサで水分なんてどこにもない!という状態。


自宅で必死に洗い流すトリートメントをして、更に洗い流さないトリートメントをしても、常にバサバサでだらしなく見えていました。


美容室のオーナーに相談したところ、月に一度、トリートメントをしにいらっしゃいとのこと。


自分の傷み具合に合わせてトリートメントをしてくれ、1年かけ、艶は取り戻せませんでしたが、とりあえずバサバサしていたのが落ち着きました。


その間、一切カラーリングもパーマもせず、毛先切りながら傷んだ部分を減らしていきました。


枝毛、切れ毛、パサつきで目も当てられなかった髪の毛でしたが、今ではあの頃が嘘のように、髪の毛も落ち着いて艶も取り戻せました。


ここまでくるのに数年かかっています。


金髪にすることで、時間お金を無駄にしました。


髪の毛のケアは、本当に大事だと実感しています。

著者プロフィール

キャノライン
キャノライン
恋愛テクを勉強している女性ライターです。恋愛のテクニックや性別によるアプローチの違いを日々研究してます。10年後には恋愛マスターになってやる、絶対に。

スポンサードリンク
ヘアスタイルに関連した記事

ヘアスタイルのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
ヘアスタイルのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着