秋にオススメのメイク♪シェーディング&ハイライトで美人顔

秋メイク


秋メイクの季節がやってきました!


皆さんはどんな秋メイクがお好みですか?

メイクのイメージは季節によっても大分変わりますね。


春には優しい柔らかい色使い、夏にはツヤとカラフル感、冬はマットな質感で大人しい雰囲気など。

そして秋にはシックなカラーとスモーキーでクールなメイクが多く見られます。


そんなメイクに合わせたいのが立体感です。

顔の彫りにメリハリをつけることでさらにクールなイメージも引き立ち、カラーレスでも十分美人顔になれちゃいます。

落ち着いた色味が増える秋、立体フェイスで一味違う自分をアピールしてみませんか?


メリハリに欠かせないシェーディングとハイライトは立体メイクの主役アイテム。

ここからはどんなタイプのものがあって、どうしたら使いこなせるのかやコツなどを見ていきましょう。

スポンサードリンク
秋メイク のコツ

まずシェーディングとは顔に影や奥行きを与え、フェイスラインや堀を深く見せてくれるものです。


顔の気になる部分を影で消していくようなイメージです。


例えば、顔のエラが気になるようであればその部分にシェーディングを入れるとよりシャープな顎のラインになり、鼻を高く狭く見せたいのであれば鼻の両脇に影をつけていきます。


自分に合うタイプのものを見つけて、上手に使いこなせば顔のイメージをガラッと変えることができます。


少量のラメやパールが配合されているものもありますが、秋のシェーディングメイクにはツヤの出ないマットタイプがオススメです。

クリーム/スティックタイプ

リキッドやクリームファンデーションを使用している人はシェーディングもクリームタイプのものをオススメします。


カラーパレットに入っているものや簡単に使えるスティックタイプのものがあり、ファンデーションをぬった後、パウダーをはたく前にシェーディングをします。


気になる部分に自由自在にのせられて、幅や濃さを調節しやすいので自然な立体感をだせます。


メイクアップスポンジや毛先の柔らかいブラシでぼかすとキレイです。

パウダータイプ

秋のメイク パウダー

チークのようにコンパクトに入っていることが多いです。

パウダーファンデーションを使っている人や、フェイスパウダーをはたいた後にピッタリ。

ブラシで必要な箇所に影をつけていきます。


クリームタイプに比べて簡単なので初めての方に向いています。

秋メイク のポイント

フェイスライン、ノーズシャドウ、おでこ周りがシェーディングの主な箇所ですが、自分がなりたい顔立ちをイメージすると簡単にできます。


一般的に、メイク映えしたりさまざまなヘアスタイルがキマる卵型の顔が理想とされているので、よくわからないという方は卵型を自分の顔に作るつもりで影を入れていくと上手くいきます。


卵のラインからはみ出した部分を削ればいいのです。

顔周り

顔周りはなるべく髪の生え際や顔の外側が濃く、内側に向かって自然に消えるようにぼかします。

顎のあたりは首の色ときちんと馴染ませないと不自然になるのでしっかりぼかしましょう。

おでこの生え際の形は人それぞれで、その形によって顔全体のシェイプが違って見えます。

どこを削れば卵型に近づくかを研究してみてください。


色は肌よりも1~2トーン濃いカラーを選びましょう。


濃ければ濃いほど効果があるというわけではありません。

ノーズシャドウ

メイク ノーズシャドウ

これはすでに普段のメイクに取り入れいている方も多いかと思います。


でもそれ、自然な仕上がりですか?


街でよく見かけるのは、鼻のトップから鼻先まで真っすぐに伸びた一本線ノーズシャドウ。

又は鼻両わきにワントーンで不自然な二等辺三角形が見えます。


もっとナチュラルに見せるのなら、トップは眉毛から流れるように眉頭から始まり、眉頭の下あたりが一番濃くなります。

鼻先は下の部分までいれ、鼻の幅を狭くしたいのなら小鼻に薄くのせるともともと彫りの深いような顔立ちに。


ぼかす時はできるだけ鼻筋まで入らないように丁寧にしましょう。

ぼかし終えたらサイドからも見て確認を。

秋のメイク

顔周りと鼻に奥行きがあるのに、中心がフラットなままなのはあまり自然ではありませんね。

メリハリのある顔立ちはもっとディテールまではっきりしています。


頬骨の下あたりに影を入れることでもっと全体に立体感が増してきます。


耳の付け根と口角をつないだ線を目尻か黒目あたりまで伸ばしたラインが理想ですが、頬骨を触りながら骨の下に影をいれてもオーケーです。

黒目より内側に影が入らないのがポイントで、正面から見た時にちらっと影が見える程度で大丈夫です。


ここでも顔の外側が濃くなるということを忘れずに。

その他

まぶたにシェーディングという方法もあります。

眼球のくぼみの形に沿って影をいれると一重や腫れぼったい目元がすっきりして外人風な目元に変身!

秋メイク のポイント・ハイライト

ハイライトはつけた部分が明るくなり、前に出てきているような錯覚を起こすので、シェーディングと共に使う事で立体感が増します。

強調したい部分にのせるのがハイライトで、鼻を高く見せるのは人気の使い方です。


リフトアップしたように見せる効果もあります


一つ注意したいのが、ツヤの出るカラーレスのハイライトを使うことです。

両方ともハイライトではありますが、ここで使いたいものは実際に色味が見えるもので、顔にペインティングをするのと同じ感覚です。


ツヤの出るものは最後の仕上げのポイント使いに最適。

ハイライト~クリーム/スティック

シェーディングと同様カラーパレットに入っているものやスティックタイプがあります。

もし肌のトーンよりも明るいコンシーラーをお持ちならそれも有効です。


リキッドファンデーションになると肌の上で流れてしまって位置を決めるのが難しくなるので、固めのテクスチャーのコンシーラーくらいがちょうど良いと思います。

ハイライト~パウダー

パウダータイプの物は色味がほとんどつかず、肌のトーンをあげたり、くすみを飛ばしたり、ツヤを出すにはピッタリです。


しかし立体感をしっかり出すには難しいアイテムなので、ハイライトする位置や形を見つけられたらクリームやスティックに移行してもいいかもしれません。

秋メイク ・ハイライト

最もよく知られているのが鼻筋、そして目の下、おでこ、あご先です。

さらにくっきり顔をめざすなら、頬のシェーディングの下にも。


ハイライトは広範囲にのせすぎると逆に顔を膨張させて見せてしまうのでご注意を。


ハイライトをすることで理想の卵型がさらに近づきます。

鼻筋

鼻筋に細いラインを入れればOK。

シェーディングでつけた影にかかりすぎないようにぼかします。


眉間のあたりから鼻筋までを明るくすると高さのある整った顔立ちに。

目の下

目元のハイライトは立体メイクの中でも大事な部分です。


目の下に逆三角形を描くのは顔に長さをだして目元を明るくする効果がありますが、そこから両目尻側を上に向けて伸ばすと目元がリフトアップしたように見えます。

おでこ

おでこを秋メイク

おでこは自身のもとの形によってはなくても大丈夫です。

四角い、広い、狭いなど気になるところにだけ使用します。


おでこ全体を明るくしなくても、骨が高くなっている眉間のあたりに明るさがあれば立体的に見えます。

その他

細かい箇所になると、あご先や唇の山あたりなどがあります。


唇の山の上に少しだけハイライトをのせるとプリっと厚みのあるように見えるので、リップ中心のメイクを考えているときはこのテクでさらに魅力的な口元を目指してみてください。

秋メイク ~影と光

人の顔は平面ではなく形があります。

そしてそれぞれの個性があり、シェーディングとハイライトにはその個性を最大限に引き立たせる役目と、理想の顔に近づけてくれる魔法のような力があります。


おしゃれやメイクが際立つ秋には立体顔でワンランク上の女性になっちゃいましょう。

著者プロフィール

ダカビー
ダカビー
女性の可愛いから綺麗になるまでのお手伝い!可愛いアイメイクや日ごろのスキンケア方法、ダイエットについてもお手伝いします。ダイエットができたら意中のあの人へ告白しちゃおう!恋愛についても協力サポートします♪

スポンサードリンク
メイクコスメに関連した記事

メイクコスメのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
メイクコスメのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着