ブルーベリーの簡単スイーツレシピ!美味しく食べてキレイになろう!

ブルーベリー

ベリー系のソースは、甘酸っぱくて美味しいですよね!

ベリーソースのパンケーキやチーズケーキ、ヨーグルトのソースにと大人気のフルーツソースです。

特にブルーベリーは目に良い、美容に良い等と言われており、その成分を凝縮させたサプリメントもあります。


スーパーやコンビニで、冷凍でも販売されているため、購入しすく、保存もしやすく、とても手軽に食べられるフルーツです。


今回はブルーベリーの栄養や健康効果、簡単に作れるスムージーやスイーツのレシピご紹介します!

スポンサードリンク

ブルーベリーの栄養と健康効果は?

ブルーベリー の栄養

ブルーベリーは100gあたり49kcalです。

おもに含まれる栄養素は、

  • ポリフェノールの一種 アントシアニン(青紫の色素)
  • 食物繊維
  • ビタミンA、C、E

などです。


少ないように思われますが、その坑酸化力やポリフェノールの力は素晴らしく、皮ごと生で食べられるため、効率よく栄養を摂取できます。


そんなブルーベリーに期待できる効果は

  • 眼精疲労回復、目の健康維持
  • アンチエイジング
  • 美肌作り
  • 便秘予防、解消

などの健康効果も期待できます。


特に、アントシアニンは、目の網膜にある「ロドプシン」というたんぱく質を再形成を促す働きがあり、この原料となるビタミンAも豊富に含まれているので、ブルーベリーは目に良い成分がバランスよく含まれているのです。

パソコンやスマホで目を酷使してしまう私たちが積極的に食べたいフルーツですね。


では、ブルーベリー美味しく食べられて、しかも栄養価もアップするレシピご紹介します!

ブルーベリーとバナナのスムージー

ブルーベリー とバナナのスムージー

ブルーベリーにバナナの栄養、甘味もプラス。

少し凍らせて、シェイクやアイスのように食べるのもオススメです。


【材料】

・ブルーベリー:100g(冷凍でも生でもOK)
・バナナ:1本
・のむヨーグルトか牛乳か豆乳:200cc
・レモン汁:少々
・ハチミツ:大さじ1

【作り方】

  1. バナナを適当に契ります。
  2. ミキサーに材料すべてを入れて混ぜてジュース状にします。

バナナの食物繊維や乳製品のカルシウム、豆乳なら大豆イソフラボンやたんぱく質もとれる、朝食にぴったりのスムージーです。

ブルーベリーソース

ブルーベリー ソース

ブルーベリーソースの基本レシピです。


【材料】

・ブルーベリー:200g(生でも、冷凍でもOK)
・グラニュー糖:60g
・レモン汁:1/2個

【作り方】

  1. ブルーベリーにグラニュー糖をふりかけ、1時間くらいおきます。
  2. ①を出てきた水と一緒に小鍋にいれ、火にかけます。
  3. 沸騰したら弱火にして、10~15分くらい煮ます。
  4. 仕上げにレモン汁をいれて混ぜ、さっと煮てできあがりです!

甘さ控えめレシピです。

一般的にはフルーツの重量の半分くらいのグラニュー糖が入りますが、糖分も気になるので、控えめにしました!


オリゴ糖やてんさい糖、きび砂糖など、お好みの砂糖で作ってもいいですね。

フローズンヨーグルト ベリーソース

フローズンヨーグルト

【作り方】

  1. 好きなヨーグルトを凍らせます。
  2. 固まりきる前に何回かミキサーかフォークで混ぜて空気を含ませながら凍らせます。
  3. アイスより低脂肪、低カロリーなフローズンヨーグルトの出来上がりです。ベリーソースをたっぷりかけてどうぞ!!

ブルーベリーはそのままつまんでも酸味が美味しいので

・クラッカーの上にのせる
・サワークリームと一緒にのせてハチミツをかける
・クリームチーズにのせてパンにのせる
・シリアルやグラノーラに入れる

などの使い方もできます。

冷凍もできるので気軽に食べられますね。


フルーツって中々摂れないですが、ブルーベリーなら常備しやすいです。

ぜひ、スマホやパソコンで目が疲れが辛い人は、ブルーベリーを使ったスムージーやスイーツを作ってみてくださいね!

著者プロフィール

mum
mum
和食料理人兼週末主婦のムームです。 「美味しく食べて、キレイでハッピーな毎日を」をモットーに、キレイで元気な生活を応援するレシピを日々研究しています! 美味しくて、美容にも健康にも嬉しいレシピ、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク
料理レシピに関連した記事

料理レシピのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
料理レシピのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着