牛肉の簡単ダイエットレシピ♪肉好き女子必見!!

牛肉

牛肉 は焼き肉、ステーキ、ローストビーフ、牛たたきなど、豚肉や鶏肉より、やっぱり肉好き女子を魅了します。

じゅわーっとにじむ肉汁を噛み締めたとき、とても贅沢な気分になって幸せですよね!よし、明日からも頑張るぞーと全身に力がみなぎります。


でも、ダイエット中の女子は、美味しくお肉を食べたあと、罪悪感に苛まれますね。

しばらく野菜生活にしよう、なんて調整するのも大変です。


そんな肉好き女子の皆さん、大丈夫です!

牛肉も食べる部位と食べ方を気を付ければ、ダイエットに効果的な食材なんです。

お肉を食べて痩せられるなんて、嬉しいですよね?


今回は、牛肉の部位別カロリーや栄養素、ダイエットに利く健康効果とヘルシーに食べるレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

牛肉 のカロリーってどうなの?

牛肉 のカロリー

牛肉の部位別カロリーは

  • 牛バラ 371kcal
  • 牛サーロイン 298kcal
  • 牛タン 269kcal
  • 牛ランプ 234kcal
  • 牛リブロース 231kcal
  • 牛肩 180kcal
  • 牛うちもも 165kcal
  • 牛ヒレ 133kcal

となっておりますが、輸入牛や和牛、赤身にはいったサシ(白い脂)の入りかたでカロリーは若干変わってきます。


和牛は脂がより多く入っており、部位によっては輸入牛の倍近くもカロリーが高いので、選ぶときはなるべく脂の少なそうな、輸入の赤身肉を選びましょう。


国産なら、短角和牛が比較的サシが少なく、旨味の強い赤身肉になります。

また、脂身を取り除くとカロリーも落とせますので、調理の時のポイントとなります。

牛肉の栄養素と健康、ダイエット効果って??

牛肉 の栄養

牛肉は、脂質やコレステロール値が高いイメージがありますが、上記のように、部位を選び、脂を除けば大丈夫です。

それよりも、優れた栄養素の方に注目してみましょう!


牛肉に含まれる栄養素と健康効果を調べると

  • 丈夫な体を作る「たんぱく質」さらに、「必須アミノ酸」が豊富!
  • 美肌、美髪に効果的な「ビタミンB群」、脂肪燃焼効果も!
  • 非ヘム鉄より貧血予防に良い「ヘム鉄」、冷え性対策にも!
  • 脂肪燃焼して、中性脂肪、コレステロールを下げる「カルニチン」
  • ストレス解消に、精神安定作用のある「セロトニン」

など、牛肉の栄養素はダイエット中のストレスや栄養不足、偏りなどの悩みに効果的で、さらに脂肪燃焼効果もあります。


特に、赤身の部分は鉄分やミネラル、ビタミンが他の部位より豊富に含まれ、脂質、カロリーが低めなので、牛ヒレや牛ウチモモが特にオススメです!


ただ、牛肉の赤身の部分は加熱すると固くなるのが嫌ですよね。

また、お肉ばかり食べていると、体臭や便秘が心配です。

固くならず、噛み締めて美味しい、野菜たっぷり牛肉料理のレシピ、ご紹介します。

牛肉定番のローストビーフ!!

牛肉 定番のローストビーフ

カロリーも抑えられ、たっぷり野菜と共に食べればダイエット効果も上がり、大満足な一品!


付け合わせには、血液さらさら効果のある玉ねぎ、消化を促し、むくみや便秘解消や疲労回復効果のあるキャベツ、抗酸化作用のあるトマトなどがオススメです。


*作り方*

  1. 付け合わせの野菜やサラダを切って洗い、冷やしておきます。冷えが気になるひとは、蒸し煮にしてもいいですね。
  2. 牛ヒレかウチモモはできれば30分くらい常温に出しておきます。
  3. 塩、コショウを降り、網で直火かフライパンで表面6面を強火でまんべんなく焼きます。一面につき、1~2分くらいずつ、焼き色がついたらひっくり返す感じです。
  4. まんべんなく焼けたら、フライパンからおろし、アルミホイルで包んで保温します。200gくらいのサクならこの余熱で火がはいりますが、大きな塊を焼く場合は、フライパンで焼き色をつけたあと220度のオーブンで10~15分焼いて、そのあとホイルで包んで余熱で火をいれます。
  5. 肉の繊維を裁ち切るように薄くスライスし、①の付け合わせ野菜と共に盛り付けます。お好みのたれでどうぞ!

*おすすめのたれ*(割合で)

■ ポン酢:1+オリーブオイル:2
■ バルサミコ酢:1+醤油:1+粒マスタード:0.3+オリーブオイル:2
■ わさび醤油
■ トマトジュース:1+ポン酢:1

牛すき焼き風玉子とじ

牛すき焼き風玉子とじ

ほっこりたべたい和食、豆腐や野菜でカサましして。


*作り方*

  1. 牛ヒレやモモスライスは醤油糀か塩糀少々をもみこんでおきます。(糀の作用で肉が柔らかくなります。)
  2. 白菜、玉ねぎ、しめじ、春菊、など好きな野菜を用意して切っておきます。白滝はさっと湯がいておき、あく抜きをします。豆腐は食べやすく切っておきます。
  3. 出汁6、酒1、醤油1、みりん1をお玉ではかって鍋に煮立て、②の材料をいれ、野菜が煮えたら、真ん中に①の牛肉を広げていれ、再び煮立たったら、あくをとって、溶き卵を回しかけ、ふたをし、余熱で火を入れます。
  4. 三つ葉などを散らして出来上がりです!

残った汁は春雨スープにアレンジ!

具を食べたあとのお出汁は美味しいので、春雨スープにしても美味しいですね。

煮詰まったら適宜出汁を足します。

みりんの糖分が気になる人は、みりんをオリゴ糖などに変え、割合もみりんの半分でいいですよ。

牛肉ダイエットのまとめ

牛肉 ダイエット

牛肉食べてダイエットのポイントは、”脂の少ない赤身を選び””消化を促し食物繊維豊富な野菜を合わせる”ことです。


牛肉を糀のちからで柔らかくしておけば、さっと茹でたり、焼いたりしても固くなりにくく、下味にもなります。

さらに、玉ねぎやセロリ、にんにくの香味野菜のすりおろしと共にお肉を揉んでおくと調味料が少なくてすみます。


美味しく牛肉を食べて、脂肪を燃やして、健康的にストレスフリーなダイエットにしましょう!

著者プロフィール

mum
mum
和食料理人兼週末主婦のムームです。 「美味しく食べて、キレイでハッピーな毎日を」をモットーに、キレイで元気な生活を応援するレシピを日々研究しています! 美味しくて、美容にも健康にも嬉しいレシピ、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク
料理レシピに関連した記事

料理レシピのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
料理レシピのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着