オイルが万能!スキンケアにもブースターにも使える

オイル


いよいよ夏本番!



暑い日々、外に出かけると頭皮からもじっとり汗ばんだりして、もう本当に疲れちゃいますよね。


通勤するくらいだけでも、日差しを浴びるとなんだかけだるい……。


日焼け止めをつけているのに、日焼けは避けられず、顔色もさえない。


疲れも抜けきることができない季節になってきました。


お風呂に入るのも面倒なそんな時



オイルを使えば手抜きケアができるんです!


スポンサードリンク
オイル でブースター

夏、「肌枯れ」しない特集が雑誌でも組まれています。


それを見た時に思いました。



「肌枯れ、私のことだ!」



と。


外にでかけるとじっとり汗をかき、帰ってくるとなんだか疲労感が……。


お風呂に入るのも面倒で、メイク落としの後、



丁寧スキンケアが続かない



気分が乗らない



そんな時ってありませんか?


香りのいいスキンケア製品を使ったりして気分をアゲてはみるものの、疲労感はずっと続いたままのこともある夏。


スキンケアの手抜きをしたい忙しい時、BAさんに教えてもらったオイル美容法を自分なりにアレンジしてやっています。


それが、オイルを導入液、つまりブースターとして使う方法です。


オイル を使い分ける

オイル、プチプラのものから化粧品メーカーのものまで試してみました。


そして、今はいくつかを同時に使って楽しんでいます。



「スキンケア、お風呂上がりにしないといけないけれど、体力が続くかどうか心配……」



そんな時はオイルをプッシュしてさっと顔につけちゃいましょう。


できればリンパマッサージもついでに。


デコルテなどにもさっと伸ばせば、気分も肩も、ちょっとだけほぐれます。


私は、ココナッツ、ローズ2種をお風呂場に置いています。


ローズ、1種類はかんきつ系のオイルブレンド、1種類はダマスクスローズ。微妙に香りも違うんですよ。



「今日はどの香りにする?」



なんて選ぶのも楽しいものです。


オイルを顔につけておくだけで、その後につける化粧水や乳液の導入液として活躍。


浸透も高い気がしますよ!


もし、疲れきっていてそのまま寝てしまったとしても、何もつけないよりかは、まだまし!


手抜きスキンケアでもたまにはOKなんて思えるんです。


オイルの香りによって効能が違う!不妊にも効果的……?

エッセンシャルオイル

アロマオイル、香りを選ぶのが難しいですよね。


ただ、アロマオイルの香り選び、これは直感!


アロマオイルは、香りを嗅いでみて「好き」と思うものを使うといいです。


同じローズの香りでも、フローラル系の甘い香り、鼻孔に残る奥深い香りがあるので、できるだけ店頭で香りをかぎ分けてみるのがおすすめ。


よく言われるのが、「その時に必要としている香り」を選ぶということです。


その時に心地いいと感じる香りが、一番必要な香りです。


お店の人と相談しながら、必要な香りはどれなのかを嗅ぎ分けるのも楽しいひとときです。


そして、アロマオイル。


昔の人は薬のようにして使っていました。



アロマオイルには、それぞれの香りで「効能」があります。



迷ったら効能で選ぶこともできます。


ラベンダーの香りのオイル

ラベンダー ・・・ 安眠効果あり、寝つけない時にも
ローズ ・・・ 女性ホルモンを誘発する、イライラ解消に
オレンジ ・・・気分を明るくしたい、安眠効果も
ゼラニウム ・・・ 肥満解消、生理痛・PMS・更年期障害にも効果があるとか
イランイラン ・・・ イライラ予防、生理痛や不妊の対策としても
サイプレス ・・・ 森林系の香り、セルライト予防に
ベルガモット ・・・ 胃腸トラブル、目の疲れに
フランキンセンス ・・・ ウッディ系の香り、若返りに効果あり!?


ラベンダーの安眠効果は有名ですが、イライラした時にはローズやイランイランを嗅いでみたり、セルライト防止にはサイプレスを使うなど、知れば知るほど面白いのがアロマオイル。


グレープフルーツやオレンジ、レモンのような柑橘系は、香りを嗅ぐだけで食欲を抑える効果もあり、ダイエット効果があると伝えられています。


生理前で落ち込んだ時、頭痛の時、肩こりがひどい時、「この症状に合うオイルは……?」なんて探してみるのもいいかもしれませんよね!


そして、身体のお悩み別にもアロマオイルが存在します。


例えば


体臭を抑えるには?
アトピーには?
シワやたるみ改善には?
虫除けができるアロマオイルは?


これらにもアロマオイルが使えるんですよ。


気になる人は調べてみて!


身体のお悩みがある時にも香りで対策できますよ。


そう考えると、まるで薬みたい?万能に使えますよね。


万能オイル

お風呂場にオイルを置いておくと便利なのが、ヘアケアアイテムとしても使うことができること。


トリートメントにアロマオイルを2~3プッシュして混ぜて、髪の毛に伸ばしてつけると、ふだんよりもしっとり。


紫外線を浴びて傷んだ髪の毛も、オイルが浸透して洗い流した後もしっとりになります。


注意しなくてはいけないのは、あまりたくさんだとしっとりしすぎて逆にべたついてしまうこと。


そのためトリートメントに少量混ぜて、かならず「しっかり」洗い流すのがマイルールです。


アウトバストリートメントとしてオイルを使う人もいますが、その時はほんのごく少量、米粒大でも相当うるおうので注意が必要ですよ。


アウトバストリートメントにするなら、私にはワンプッシュでも多いくらいです。


アウトバストリートメントにすると、適量が難しいので、最初はトリートメントに混ぜて使うのがおすすめです。


ブースターオイル

時々、理由もなくイライラすることがありますよね。


周期的なものなのか、自分自身に余裕がないからなのか……。


そんな時は「女性ホルモンが足りない!」と、この組み合わせでシンプルケア。


ばら水と呼ばれる化粧水とローズの香りのオイルで、どちらもバラの香り。


バラには女性ホルモンを安定化させてくれるはたらきがあるそうなので、効果を期待しちゃいましょう!



どちらもバラ園にいるかのような自然なバラの香りです。



お風呂場にこの2つのセットを置いておいて、化粧水→オイルの流れでつけています。


ローズの香りのブースターオイルの効能は?

オイル の香り


ローズの香りは「精油の女王」とも言われます。



優雅な鼻に抜ける香りです。


ちょっとした豆知識ですが、昔は、ローズオイルは「金(きん)」と取引されていたほど。


原料のバラは非常に高級で、50本のバラの花びらを使っても1滴、0.5mlしか抽出できない!それほど貴重です。


リラックス効果はもちろんですが、アンチエイジング、美肌効果、免疫力を高める効果があります。


そして何と言っても、「女性ホルモンを整える」効果が!


調べていくと体臭を抑える効果もあることがわかりました!


ローズオイルサプリメントには、体臭を抑える効果のある


・ゲラニオール
・シトロネロール


が含まれています。


ローズオイルのサプリメントを飲むと体臭がバラのようになります。



汗をかいた時にバラの香りがします。



体臭がほのかにバラの香りがするなんて、優雅!!


ただしデオドラントではないので、汗をかいた後は適度に拭き取らないと汗臭くなります。


ローズの香りをまとうと、気品にもつながりそうです!


アロマオイルでできること、まとめるとこんなにあります。


・シャンプー前のスカルプケアに(ヘアケア)
・髪の毛の保湿に(ヘアケア)
・デコルテ、脚などのリンパマッサージに
・洗顔後の顔のマッサージとして
・お風呂上がりのプレ化粧水として(スキンケア)
・化粧水後の美容液代わりに
・イライラ防止、ダイエット効果、セルライト予防など身体の悩み別に


オイル1つでも多様な使い方ができて、大活躍!


1本あると忙しい時に手抜きケアができて、しかも手抜きケアを感じさせないオイルは、ぜひ使っていきたいですね。

著者プロフィール

KIKO
KIKO
美容アドバイザーから転職したキコです。メイクやスキンケアに苦戦している女性って多いですよね。ちょっとしたコツで日頃の悩みが解決する情報を日々書いてます。女性のみんなに見てほしいな♪

スポンサードリンク
スキンケアに関連した記事

スキンケアのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
スキンケアのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着