鱈のカロリー

鱈
カロリー
77kcal 
※100gあたり

鱈と呼ばれているものは、一般的に真鱈を指しています。
クセがなく淡白な味で油との相性が良いため、フライやムニエルなどの料理にも適しています。
鱈自体のカロリーは比較的低いものの、焼き物や揚げ物にするとなるとカロリーが気になるので、使う油の種類などには注意しましょう。

また、旬の冬には鍋料理も定番ですね。
新鮮な鱈は白子も美味しく食べられます。
ポン酢につけて食べるほか、天ぷらや椀物などにしても良いでしょう。

スポンサードリンク

鱈を使った料理のカロリーは?

鱈 の煮付け

鱈の煮つけ

カロリー
277kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
277kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

鱈 の煮つけのカロリーです。
鱈はしっかりと煮含めることで、やわらかい仕上がりになります。
生姜で臭みを取って、食べやすくしましょう。
ごぼうやネギ、えのきなども一緒ににると、より栄養バランスが良いメニューになるでしょう。
鱈は味が淡白なぶん、濃いめに煮つけると、ご飯のおかずとしても良く合いますよ。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
鱈 のムニエル

鱈のムニエル

カロリー
235kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
235kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

鱈をフライパンでソテーしたムニエルのカロリーです。
シンプルな味付けで、鱈そのものの美味しさを満喫できる一品ですね。
いつものサラダ油ではなく、オリーブオイルを使うとより美味しく焼き上がります。
また、オリーブオイルを使うことで腹持ちが良くなるため、必要以上にカロリーを摂取せずに済みます。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。
鱈 鍋

鱈鍋

カロリー
458kcal 
1人分の場合
女性が1日に必要とする摂取kcal (平均2200kcal)
458kcal 1人分の場合
0kcal
2200kcal

鱈 とたっぷりの野菜を使った寄せ鍋のカロリーです。
鱈と言えば鍋!という人も多いのではないでしょうか。
淡白な味の鱈はダシが染み込みやすいので、鍋料理にも向いている食材と言えるでしょう。
紅葉おろしや刻みネギなどの薬味を入れたタレにつけて食べましょう。
魚だけでなく、一度に沢山の野菜を摂れる寄せ鍋は美容や健康にも良いので、お勧めです。

※入れる具材や量によってカロリーに違いがあります。

著者プロフィール

キャノライン
キャノライン

恋愛テクを勉強している女性ライターです。恋愛のテクニックや性別によるアプローチの違いを日々研究してます。10年後には恋愛マスターになってやる、絶対に。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
カロリー のカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着