水泳で運動不足解消!ダイエットにもオススメ!

水泳


水泳は年齢や性別を問わず、多くの人が楽しめるスポーツの一つです。


私は普段あまり運動をせずに過ごしているため、運動不足を痛感している事が多かったのですが、実際に運動をしてみようと色々始めてみても結局仕事の忙しさもあり、なかなか続けられない状態でした。


スポンサードリンク

ダイエットもしたいと思っているのになかなか思うようにいかずに悩んでいた時、運動不足にもちょうどいいと何気なく水泳を始めたのです。


水泳を始めたのは、スポーツジムに通い始めた3年前のことです。


最初から水泳のレッスンがある事は知っていたのですが、水着に着替えないといけないという事などが面倒くさかったのでやろうと思っていませんでした。


ですが、通常のジムの運動では汗はかけたものの、なかなか体重を落とす事ができず、運動と言っても体の一部分しか動かす事がなかったため、運動不足を解消できているのかよく分からなかったです。


そんな私の悩みをインストラクターに相談してみたところ


水泳なら運動不足を解消できる


と言われました。


そっちの方が私の悩みを解決できるだろうとのことで、面倒くさいとは思いながらも水泳のレッスンを受ける事に……。



実際にプールの中に入ってみると気持ちよかったですが、泳ぎが苦手な私は歩いてみる事にしました。


プールの中を歩いている間はそんなに疲労感はなかったですし、ちょっとした浮遊感があって面白さを感じたのが印象的でした。


ずっと歩いているだけというのも退屈だったので、インストラクターの人にアドバイスを貰って後ろ向きや大股で歩いてみるなど、色々バリエーションを付けながら運動しました。


元々腰痛を持っていた私。


ところが、プールの中を歩いていても、全然腰痛を感じません。


長い時間歩いていても腰への負担がなく、色々な動きで全身を動かすことができました。


一番驚いたのはプールから出た後です。


水中で軽くなっていた重力が一気にかかってきたのと同時に、疲れが押し寄せてきて本当に驚きました。


15分くらいしか歩いていないのに全身に疲れが出ていましたし、次の日は軽い筋肉痛になってしまいました。


まさかプールで歩くだけでここまでなるとは思わなかったですし、本格的な水泳でなくても全身の運動不足にかなり効果があるという事を実感できました。



それからはスポーツジムではほとんどプールでの運動を中心にするようにしたところ、徐々に筋肉量や基礎代謝が上がってきて、最初は悩まされた筋肉痛も少なくなっていきました。


今ではほとんど筋肉痛は感じないですし、運動不足を感じるような事がなくなってよかったです。


ダイエットの効果もあったようで体重も落ちてきているので、これからもプールでの運動を続けていこうと思っています。



全身運動になる水泳は、運動不足が気になる人にオススメのスポーツです。


ですが、私のように水泳が苦手な人もいるでしょう。


そんな時は、水中で歩くだけでも充分に運動不足が解消できます。


これが、自らの実体験で分かりました。


苦手な水泳を頑張るのも悪くはありませんが、運動は無理なく長く続けることが健康維持のためには大切です。


そのため、あえて苦手な運動を無理にやるのではなく、気軽にできる運動を続けるようにしたいですね。



水中を歩くたけで、本当に運動不足が解消されるの?



と、半信半疑の人もいるかもしれません。


大人気の水中ウォーキング!

運動不足の解消に最適と水中ウォーキングが人気を集めています。


水泳が……というよりも、運動自体が苦手な人にも水中ウォーキングはぜひ試してほしいです。


水中を歩くだけなので、怖さもなく気軽に始められる運動です。


水中ウォーキングをレッスンに取り入れているスポーツジムも沢山ありますね。


プールに入ると体が軽くなったように感じる反面、体を動かそうとすると水の抵抗を感じます。


水の抵抗力にあらがって、水中でウォーキングや体操などをすることで、いい運動になるというわけです。


正しい姿勢を身につけるポイント

正しい姿勢で水中ウォーキングしなければ、運動不足の解消をはじめ、腰痛解消や体重減少など本来得られるはずの効果が得られなくなってしまいます。


水中での正しい姿勢を身につけるポイントは、次の3つです



  1. 浅いプールで体を慣らす
  2. ゆっくりスピードで、普通の歩幅
  3. 短時間のウォーキングから

水深が深い場合、水の抵抗力も大きくなります。


体への負荷が大きいと、正しい姿勢を保ちにくくなりますから、最初は浅いプールで正しい姿勢を保つ練習をしましょう。


また、ゆっくりと普通の歩幅で歩くようにし、慣れてきたら少しだけスピードアップして、歩幅も広くするように心がけましょう。


水中ウォーキングは、約30分間行うのが理想的と言われています。


ですが、長時間の運動で体が疲れてくると、姿勢が崩れやすくなるため、10~15分歩くことを最初のうちは目標にしましょう。

著者プロフィール

キャノライン
キャノライン

恋愛テクを勉強している女性ライターです。恋愛のテクニックや性別によるアプローチの違いを日々研究してます。10年後には恋愛マスターになってやる、絶対に。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
ダイエットのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着