話題沸騰中!ダイソーのメイク用品、カブキブラシ ♪お値段以上の活躍!

カブキブラシ

TwitterやインスタグラムなどSNSで話題だったカブキブラシ 。


この商品



ダイソーで買えます。



100均のメイク用品、過去には美容液、マスカラ薄め液、つけまつ毛など値段以上に活躍してくれると評判も高かったんですよ。


かつては100均のメイクアイテムは安かろう悪かろうのイメージでしたが、最近では、指名買いアイテムも多いです。


多くの人が、まずは100均へ行ってみて気になる商品がないかどうか



「ダイソーパトロール」



する人も多いようなんです。


私も行ってみて購入。


使ってみて、値段以上の商品に驚きました!


スポンサードリンク
メイクにカブキブラシ

カブキブラシ はフェイスブラシのこと。



本格的フェイスブラシがダイソーに売っています。



値段は、ピンク色のブラシが300円。


これが一番最初のカブキブラシ の火付け役。


今では評判のよさから他の製品も販売されていて、200円のシルバーの柄のカブキブラシ も一緒に購入してみました。


メイク用品、100円+税商品ではないものの、メイク用ブラシが200~300円で買えるなら安くていいですよね。



お得な気がします。



カブキブラシ の使い心地

毛は人工毛ですが、ふんわりした毛質で肌に乗せるとふわっふわ。


柔らかい毛質です。


私が驚いたのはやっぱり値段。


ドラッグストアやバラエティストアでも1000円ほどの値段のフェイスブラシ。


デパートの化粧筆売り場のリス毛やイタチ毛のフェイスブラシだと10倍はします。


私も、過去に奮発して購入した時は1本あたり3000~4000円でした。


それを考えると1/10の値段で買えるフェイスブラシってすごいと感じたんです。


でも気になるのは「道具だからこそ」の実用性ですよね。


値段が高い方がいい製品と勝手なイメージがあります。


カブキフェイスブラシ

フェイスブラシ、買ったもののひとつは「折りたたみ収納」ができるタイプ。


柄の部分を上下にスライドさせると、ブラシ部分が柄に収納できるような感じになるんです!


その後、キャップをしてしまえばペン状に。


そんなに太くないのでポーチにも入れることができます。



便利!



私は旅行の時にすごく便利でした。


普段は外出先でフェイスブラシが必要にはならないのですが、旅行の時に持っていったんです。


旅行中、ポーチにちゃんとしたブラシを持っていくのは抵抗があります。


わざわざ持っていくべきなのかな?と省略してしまうことも。


ただ、やっぱりブラシで仕上げるとキレイになりますよね。


会社のメイク直しの時に持ち運びができるフェイスブラシがあると便利ですし、持っておいて損はないのかもしれない!



200円なら「買い」



なんじゃないかなと個人的にイチオシしたい商品です。


使ってみて感じたのは、毛の抜けも少なく、肌触りもふんわり。


高額商品と全く一緒とは言い切れないですが、



値段以上のよさは確実にあります。



ふわふわ感を楽しむために、肌の上でくるくるしています。


カブキブラシ の使い方

クチコミを見ていると、フェイスパウダーの用途だけじゃないようなんですね。


200~300円で買えることから、チークも色ごとにブラシを使い分けする人もいるようです。


オレンジ系のチーク、ピンク系のチークを同じブラシでつけていると色ムラもありそうですから、1色ずつにチーク用のブラシを割り当てて使うのもいいような気がします。


そして、ナイスアイデアと感じたのが話題の



洗顔ブラシとして使う方法。



流行していますよね、洗顔ブラシ。


泡立てネットなどで、もこもこの泡を作って、ブラシで小鼻のまわりをくるくる洗顔。


その時に、お高いフェイスブラシだともったいなくて使えませんが、200~300円のダイソー商品なら惜しくない!


あご先、小鼻、おでこなど、手で洗顔するよりも汚れ落ちがよくなるのかも……。



かなり期待できそうです!

著者プロフィール

ダカビー
ダカビー

女性の可愛いから綺麗になるまでのお手伝い!可愛いアイメイクや日ごろのスキンケア方法、ダイエットについてもお手伝いします。ダイエットができたら意中のあの人へ告白しちゃおう!恋愛についても協力サポートします♪



スポンサードリンク
メイクコスメに関連した記事

メイクコスメのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
メイクコスメのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着