メイク崩れ対策を知ってメイク上級者に!あなたのメイクは大丈夫?

メイク崩れ

メイク崩れに悩んでいませんか?

メイクをしてしばらく経つとファンデーションがヨレたり毛穴に入ったり。

アイライナーが滲んだり、眉毛がなくなったり……。


せっかく朝時間をかけてきれいに仕上げたメイクアップが、日中気が付くと大変な事になっていた!なんて経験はありませんか?


気づかずにそのまま一日を過ごしてしまったなんてことも……。

スポンサードリンク

残念女子に見えるメイク崩れ

メイク崩れはまさに女子の敵!


でも一体何をすればいいのか?

そもそもメイク崩れって?などの疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?


ここではメイク崩れに関するミニ知識と対策をご紹介したいと思います。

メイク崩れの疑問

メイク崩れ の疑問

どうしてメイクが崩れちゃう?


朝しっかりきれいにしたメイクをなるべく長く維持したいですよね。

メイク崩れはオイリー肌だけ?

メイク崩れ=オイリー肌という考えの方が多いと思いますが、メイク崩れは乾燥肌の方にも起こります。

原因のほとんどは皮脂の過剰分泌によるものですが、皮脂は乾燥肌にもあるものです。

乾燥した肌は潤いを外に逃がさないために肌に膜を張ろうとして皮脂を出し、足りない潤いを皮脂で補おうとしています。

メイク崩れは夏だけ?

夏場は気温も湿度も上がるので、汗をかいたり体温が上がるなどしてメイクが崩れやすくなるのは確かです。

ですがメイク崩れはそれだけが原因ではありません。

空気が乾燥する冬場にもよく見られます。

乾燥に対する肌の自己防衛が働き皮脂を出し、それがメイク崩れにつながることもあります。

ひどい時には粉吹きやファンデのひび割れ崩れなども起こり得ます。

若ければメイクは崩れない?

年齢は関係ありません。

肌の状態は人それぞれ違い、使っているコスメもさまざまなので、年齢が低いからメイクが1日中キレイなままになるというわけではありません。


逆に若いときは新陳代謝や皮脂分泌が活発なので、メイクが崩れやすくなるかもしれません。


水分と皮脂のバランスのとれた肌なら年齢が上がっても素肌が綺麗でメイクの持ちも良いですよ。

何をすればメイク崩れを予防できるの?

メイク崩れ を予防

肌タイプによってもできることは違ってきます。

ここからはスキンケアからメイク法、その他のポイントをご紹介します。

オイリー肌のメイク崩れ対策

オイリー肌はメイク崩れに一番多い肌タイプです。

ファンデがドロドロになってヨレるパターンがほとんど。ポイントメイクも落ちやすくなります。

メイク崩れ対策のスキンケア

オイリー肌のメイク崩れ 対策

綺麗なメイクをキープするにはまずは正しいスキンケアから始めることをお勧めします。


意外に聞こえるかもしれませんが、オイリー肌こそクリームや乳液が必要になります。


肌がべたつくから……と倦厭する方が多いのですが、適度な油分があればわざわざ肌が作り出さなくてすむので、過剰な皮脂分泌も防げます。


そして化粧水で保湿成分を十分入れてあげる事も忘れずに。


どうしてもべたつき等がコントロールできないのであれば、今はオイリー肌の為に作られたスキンケアラインがたくさん市場に出ているので、専用の物を使ってみてもいいと思います。

メイク崩れ対策のメイク法

メイク崩れ 対策のメイク法

気になるメイクのポイントとしては、あまりファンデーションを厚く塗り過ぎないこと。


皮脂崩れが目立つ方は、気が付いた時に崩れた所を部分的にオフして、ベースメイクを塗りなおしてしまったほうがキレイです。


肌トラブルを防ぐためにも決して崩れた上からファンデを重ねないようにしてください。


これらのメイク直しをする際にもやはりベースメイクは薄付きであったほうが楽にできますし、崩れも目立ちにくくなります。

ファンデーションの選び方

ファンデーションの選び方

数あるコスメの中から選ぶとき、ベースメイクはなるべく油分が少ないものをチョイスしましょう。


できればパウダーファンデーションがいいかもしれません。


そしてUV効果のあるものを選びましょう。

皮脂は紫外線で酸化すると肌トラブルの原因になります。

皮脂を吸収してくれるパウダーが配合されたものはメイク持ちに役立ちます。

パウダーファンデが苦手であれば、液状ファンデ+お粉で崩れを防止。

ライナーの選び方

ライナーの選び方

眉やアイライナーなどポイントが崩れやすいときは、お粉をしっかりはたきこむひと手間を加えると持ちが格段に上がります。

細かいところは綿棒でのせれば簡単です。


又はウォータープルーフのコスメをオススメします。

根本的なところから対策

そのほか、オイリー肌に傾きやすくなるアルコール類、砂糖、動物性脂肪の多い食事にも気をつけ、根本的な改善を目指せばストレスフリーに。

乾燥肌のメイク崩れ対策

乾燥肌のメイク崩れ 対策

乾燥肌は潤いを補うので必死。しっかり保湿をすればメイクも長持ち!


スキンケアは?

保湿効果の高いものを選びます。


あちこちで目にするヒアルロン酸やセラミドは肌に潤いをとどまらせ、肌の深い部分から乾燥を防ぐのに効果的です。


手ごろな値段で手に入るのも嬉しいところ。


その後の美容液だけではすぐに乾燥してしまうようであれば、最後にクリームを適量取り入れます。

スキンケアでメイク崩れ 対策

メイク前に使用するなら少量を均等に馴染ませれば大丈夫です。

つけすぎは逆にメイク崩れを引き起こします。


そして洗顔時にはなるべく肌をこすらないように注意してください。


こすり過ぎは乾燥を助長させてしまいます。

乾燥肌の崩れ対策メイク

乾燥肌のメイク崩れ 対策

肌がしっかりと潤ったのを確認してからメイクをしましょう。


ハンドプレスでスキンケア商品をしっかり肌の奥に押し込んであげると、滑らかで毛穴も目立たなくなり、メイクのりもアップするので良いことだらけです。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは乾燥肌にお勧めとされていますが、最近では乾燥肌向けのパウダーファンデーションもあります。


オイルカプセル配合で、肌を長時間乾燥から守ってくれる画期的なものや、保湿成分配合などバリエーションは様々。


乾燥が特にヒドイ時にはリキッドファンデに1~2滴の美容オイルを混ぜて使用するのもお勧めです。

乾燥の目的以外にも、肌にツヤ感を与え若々しく見せてくれる効果があります。

メイク崩れ 対策で肌にツヤ

もし仕上げにお粉を使うなら、大きめのフェイスブラシでふわっと軽くのせる程度でオーケーです。


自身の乾燥具合に合わせてピッタリなものを探してみましょう。


ローションミストを1つ鞄に入れておくとメイク崩れの直しやサッと保湿するのに便利ですよ。


  • こまめに水を飲むなどして体の中から水分補給することがとても大事です。

混合肌のメイク崩れ対策

混合肌のメイク崩れ 対策

混合肌は部分的に乾燥、脂っぽいなどなかなか安定しない肌タイプです。

混合肌のスキンケア

混合肌のスキンケアの基本も同じです。

部分別に専用のスキンケアを使うことはありません。

    化粧水でしっかり保湿をし、乳液やクリームでフタをして過度な乾燥や皮脂に気を付ければメイクの持ちもグンと上がります。

      肌全体のバランスを整えることがキーポイントです。

      混合肌のメイク

      メイク崩れ 対策にフェイスパウダー

      ベースメイクはリキッドやクリームタイプを薄くムラなくのばし、お粉はテカリの気になる部分にだけ軽くはたけば十分です。

      くれぐれもお粉のつけすぎにならないように。

        崩れやすいTゾーンには部分用のテカリ防止下地を活用してみるのも◎。

        身体の中からメイク崩れ対策

        部分的なトラブルは内臓やホルモンバランスの崩れのサインであることも。

        食事や生活環境を見直す必要もありそうです。


        混合肌にはビタミンCの摂取もおススメなので、是非積極的に食事に取り入れてみてください。

        ビタミンドリンクやサプリを取り入れるのもありですね。

        まずは自分を知ろう

        自分を知ろう

        いかがでしたか?

        メイク崩れ対策は人それぞれ違ってきます。


        まずは自分の肌がどのタイプで、どんなライフスタイルなのか、自分のメイクを長時間キープするには何ができるのかを見つけることから始めてみてはいかがでしょうか?


        女性はメイクアップでいくらでも変身できます。

        そんな楽しいことはありませんよね!


        是非崩れを克服してメイクアップライフを楽しんでください。

        著者プロフィール

        ダカビー
        ダカビー

        女性の可愛いから綺麗になるまでのお手伝い!可愛いアイメイクや日ごろのスキンケア方法、ダイエットについてもお手伝いします。ダイエットができたら意中のあの人へ告白しちゃおう!恋愛についても協力サポートします♪


スポンサードリンク
メイクコスメに関連した記事

メイクコスメのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
メイクコスメのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着