プチプラマスカラでまつげUPアイメイク!消費期限は?

マスカラ


仕事が忙しいとメイクまで手が回らないことも多いですよね。


でも、そんなだと「ダメウーマン(©ブルゾンちえみ)」


メイクでもアイメイクは重要。


目元は話をする時にだって、相手からよく見られている部位です。


どんなことがあってもまつげは上を向いていてほしいもの。


そして、ちゃんと使用期限や消費期限を気にして使っているでしょうか。


スポンサードリンク
マスカラ の使用期限

そもそも、マスカラを使っていて「使用期限」を気にしたことがありますか?


例えば、海外旅行で購入したマスカラ。


旅行先では3本セットなどで売っていたりして、1本ずつ使っているとかなり先に開封することになります。


まず、未開封の場合は、製造から3年。


化粧品は期限が書かれていません。


そして製造日も書かれていません。


薬機法では



「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」



で、未開封の状態で3年以上品質が保持されると製造日、使用期限を表示しなくていいとされています。


この3年、注意しなくてはいけないので、通販で買うと、いつ製造されたかわからない製品も多いです。


注文して届いた日から「3年」ではないかもしれない危険性・・・。



怖いです。



そのため、メーカーの公式通販やデパート購入を徹底しているコスメマニアさんも多いのが事実。


また、古い製品よりも新製品を購入すると徹底している人もいます。


新製品だと新しく開発して製造されているわけですから。


ともかく未開封で、開けてみてニオイ、変色がないなら大丈夫。


もし購入から3年経過して違和感を感じたら使用中止!


特にナチュラルコスメは長期間の保存がしにくく、1年ほどが使用期限の目安です。


豆知識として覚えておきましょう!


マスカラ 以外アイメイク

アイメイク、マスカラだけではありません。


使用期限のあるメイクアイテムは、他にもあります。


そして「開封したら」3年よりも早く使いきる必要が!



未開封だと3年ですが、開封したら3ヶ月!!



マスカラは、マスカラ液がダマになったりしているならN.G.!


捨てるのに躊躇したりしますが、ぜひとも新しくしましょう!


絶対に使用期限を守りたいものとして


マスカラ・・・3ヶ月 
リキッドアイライナー・・・3ヶ月以内 
スキンケア用品・・・6ヶ月以内


があります。


特にメイクアイテムでも、アイメイクは目の周囲で使用するので、雑菌が入ってしまうとお医者さんに行かなくてはいけないことに。


マスカラにアイライナー、アイシャドウだってずっと同じものを使っていると古くなっていきます。


メイク落としもオイルクレンジング、クリームクレンジングと最低2つは使っているとしても、6ヶ月以内で使いきりましょう。


雑菌が繁殖していると肌がピリピリしたり、トラブルの原因になります。


マスカラ選び

さて、マスカラを買い替えたい気持ちが沸いてきたところで!予算も限られていますよね。


プチプラでも優秀な商品があります。


私が好きなマスカラのブランドは、今だと「フローフシ」。


これ、プチプラマスカラの定番的メーカーです。


マスカラの名前は



「モテマスカラ」



ちょっと名前は恥ずかしい!



決してモテるためにマスカラをしているわけではないけれど、使ってみると女性が「こんなの欲しかった」と思う秘密がいっぱい。


例えば、2016年のフローフシの限定マスカラ、カラーが「ネイビーブラック」、「ブラウンブラック」の2色がありました。


この色展開、あまりないです。


オフィスにも使えそうな濃紺のようなネイビーブラックと、黒に近く目元のインパクトも演出できるブラウンブラックの2色。


従来のネイビーマスカラだと、カラーマスカラとして使うのが一般的。


ブラックマスカラをつけておいて、まつげの先にちょんちょんとつけないと、派手なパンクっぽい印象になってしまいます。


ブラウンマスカラだと、ブラウンの色が薄すぎると目元がぼんやりと弱すぎてまつげの長さのインパクトが出なく、印象が薄くなってしまいます。


ネイビーブラック、ブラウンブラック、両方とも黒が入っているので使いやすく、しかもちょっとおしゃれに冒険できます。


私自身も2本を使ってみて、ネイビーブラックはとりこになって、2本目を買ったほどでした。


モテマスカラは普通の商品も充実していて、ボリュームタイプを愛用しています。


なりたいまつげによって、ロングやコームタイプ、ブラウン、マスカラ下地も販売されています。


アイメイクを手助けするリキッドアイライナーも、熊野筆を使っていて細いラインも引きやすい!



プチプラマスカラでもかなり優秀。



3ヶ月に1度は買い替えることを考えると、安くてしかも機能的な商品があるといいですよね。


写真では、一番上、一番下がフローフシ製品です。


マスカラ選びの基準は?プチプラでもこれは外せない!-体験談―

マスカラ 選びの基準

マスカラに何を求めるかは個人で違うと思いますが、私の場合は3点。


・お湯で落ちる
・ボリュームタイプ
・価格は2000円以内


お湯で落ちる条件は、いつもお風呂でメイク落としをしたいからです。


お風呂で一気にメイクを落とせるのはとても楽。


そのためお湯で落ちるタイプ一択です。


本当は、アイメイクを落としたい時は部分用リムーバーが売っているので、それを購入して使うのがベスト。


こうするとアイライナーやアイシャドーのカーボンも目周辺に残りません。


先にも書いたように、忙しい時でも開封して3ヶ月以内に買いかえたいので、予算も重視しています。


過去には大手ブランドのマスカラで1本4000円ほどの商品を買っていましたが、すぐにダマになってしまったり、定期的に買いかえることを考えるとプチプラでいい!と路線変更。


そして、プチプラだと大手ブランド1本分で2本買えます。


プチプラなので冒険もでき、気になっていた商品を試すこともできます!


商品によってカールタイプ、ロングタイプ、ブラシがコーム状と違うので新しい製品を試したい時も2000円予算は徹底したい!


今は、「お湯で落ちるもの」で「ボリュームタイプ」をが気になっています。


マスカラ のブラシ

写真に写っているマスカラは


・ダズルカラット グロスブラック ボリューム&カールマスカラ
・フローフシコレクション2016


の2本のマスカラ。


ブラシ比較をしてみました。


ダズルカラットは「世にも美しいダイヤモンド配合大人の攻めマスカラ」。


そして上品ボリューム。


先に向かって太くなっているブラシ。


はりねずみのようなぷっくらとした形がかわいいです。


ボリュームアップのために計算されたマスカラは、「美盛り太ブラシ」


そして、フローフシコレクション2016。


三角形のような形のマスカラブラシです。


これは塗りやすくて


短いまつげも拾ってくれます。



ダズルカラットは1500円、フローフシは1800円!


マスカラは、目の形によって「合う」「合わない」があるので、私がおすすめする製品すべてが万人に合うわけではないです。


だからこそ、2000円予算で「挑戦してみる」。


まつげの上がり具合など、新しいマスカラを使って「今日、なんだかいいかも!違うかも!」と思えます。



これって楽しくないですか?


プチプラ

私は2000円予算のマスカラを使っています。


ただ、他の人がどのくらいの金額を使っているのか気になるところですよね。


コスメランキングをインターネットで有名な@コスメで調べてみました。


1位 クリニークのラッシュパワーマスカラロングウェアリングフォーミュラ(6g、3500円)
2位 オペラのマイラッシュアドバンスト(951円) 
3位 メイベリンニューヨークのラッシュニスタオイリシャス(1800円)
4位 デジャヴュのラッシュノックアウトエクストラボリュームa(1500円)


そう考えると、2000円弱のプチプラマスカラとデパートコスメが交互にランキングに入っています。


高級な大手ブランドマスカラ、使用して感じるのはまつげが上がりやすく、パンダ目になりにくいこと。


ごほうびコスメとして、プチプラも取り入れつつ、時には大手ブランドのマスカラを使っていくのもおすすめです!

著者プロフィール

KIKO
KIKO

美容アドバイザーから転職したキコです。メイクやスキンケアに苦戦している女性って多いですよね。ちょっとしたコツで日頃の悩みが解決する情報を日々書いてます。女性のみんなに見てほしいな♪



スポンサードリンク
スポンサードリンク
メイクコスメのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着