アイカラーのピンクを上手につける!コツさえ覚えれば失敗なし

アイカラー

アイカラー 、温かくなってくると、ピンクの色に挑戦してみたくなります。


桜色でもあるピンクは、つけていると女性らしさもアップ!


ピンクには女性ホルモンをあげる効果もあるので、うきうきする春こそ挑戦したい色です。


ただ、ピンクのアイカラー は膨張色でもあるので、難しいとも言われているのが現実です。


そこで、上手につけるコツを学んで、失敗なしでつけてみましょう。

スポンサードリンク
桜色

ピンクのアイカラー は実は多くのカラーバリエーションがあります。


同じブランドからも、違うピンクが何色も出ています。


シアーピンクにサーモンピンク、桜色にローズピンク……。


シーズンによって流行しそうなピンクが違い、


2016年春は青みがかったピンクが流行の予感。


今年は、リップならフューシャピンクなど


「ちょっと派手かな?」


と思う色にも挑戦したいですね。


自分の肌の色に合うかどうかは、デパートのカウンターやドラッグストアのテスターで試してから。


同じように見えても、ラメ感、パール感で表情が違ったりもします。


見た目が派手そうに見えても、アイカラー を実際につけると自然だったりもするんですよ。

ブラウンとピンクのアイカラー

ピンクの単色アイカラー は使うのが難しいものです。


中にはまぶたが腫れぼったく見えてしまい、敬遠している人もいることでしょう。


そんな時にちょっとしたコツで


見違えます。


使えるワザが、ピンク1色ではなく、ブラウンのアイカラー と重ねる方法。


ピンクアイシャドウをアイホール全体にのばします。


ブラウンのアイカラー をピンクアイシャドウの上、眼球の上あたりにだけ指先でポンポンとラフに重ねてつけます。


陰影をつけると、彫りが深く見えます。


つまり、ピンクアイカラー をコンシーラーのように広めに塗って、ブラウンのアイカラー で締める。


ブラウン色は、まぶたの下、目じり寄りにもつけたりしても素敵です。


ブラウンパレットのダークブラウン色は、アイラインの上からなぞって。


ピンクを使った時は、普段よりも「濃いめ」が実はポイントなんです。

アイライナー

ピンクメイクをする時には、普段よりもアイライナーも太めを厳守。


膨張色とも言われるピンクは、単色で使いたいのなら、いつもよりも「ライン」の力に頼ります。


アイライナーは太め、眉毛もしっかり。


リップもつけて、チークもつけて


バッチリメイクくらいがちょうどいい。


ただし、この時も、アイカラー と同じく、ブラックではなくてブラウンがおすすめ。


アイライナーも太めにすると、ブラックだときつい印象になりますが、ブラウンだとふんわりした印象に。これもちょっとしたコツです。

ピンクのアイカラー

ピンクのアイカラー を使った時は、ピンク×ブラックではなくて、


ピンク×ブラウンの組み合わせが鉄板。


ブラウンを組み合わせることで、多少、メイクが濃くなっても柔らかい印象でまとまります。


アイカラー をピンクにしたら、リップもピンクでまとめること。


グロスだと抜け感もあります。


ちょっとガーリーかな?


と思うくらいのピンクも、ブラウンを使えば上手に使えますよ。

著者プロフィール

ダカビー
ダカビー

女性の可愛いから綺麗になるまでのお手伝い!可愛いアイメイクや日ごろのスキンケア方法、ダイエットについてもお手伝いします。ダイエットができたら意中のあの人へ告白しちゃおう!恋愛についても協力サポートします♪



スポンサードリンク
メイクコスメに関連した記事

メイクコスメのカテゴリーに関連する人気記事

スポンサードリンク
メイクコスメのカテゴリーで登録された記事


ダイエット新着

メイク・コスメ新着